フロアコーティングはペット飼育も安心

最近は犬のペットブームが起きていますが、従来のペットでも有る犬と言うは家の番犬と言った役割が在り、主に庭などに犬小屋を設けて、そこで飼育をすると言った事が多くあり、番犬としての犬を家の中に入れると言うのは台風などの悪天候のみで、家の中に入れたとしても玄関先、と言った感じでした。ペットブームが起きた事で番犬と言った役割から家族の一員としての役割が生じたのです。



犬はしつけが大切だと言いますが、フローリング床の上で尿や糞をしてしまうことも在ります。



フローリング床は木材ですから、掃除も大変であり、ペットを飼育している人の中にはフロアコーティングを施す人も多くなっています。フロアコーティングを施行する事で、フローリング床の表面がコーティング材料で覆われるため、ペットの糞や尿などの掃除をする時などは液体の洗剤が利用できたり、水拭きの掃除が出来るようになります。また犬は部屋の中を走る回る事で、フローリング床に爪による傷がつきやすくなりますが、フロアコーティングを施行する事で床の表面がコーティング材料で保護されるため、長期間の美観を保つ事が出来るなどのメリットも在ります。


また、コーティング材料はペットなどに対して害を持たないと言われており、部屋の中で家族の一員としてのペット飼育を行う人などに注目されています。


一度施工をする事で半年もしくは一年に一度のワックスがけも不要になるなどからも注目されているのです。